大阪市鶴見区の小児科,皮膚科 医療法人 かめおかクリニック

〒538-0051 大阪府大阪市鶴見区諸口3丁目4番38号
TEL 06-6911-2585

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  日本脳炎ワクチン

日本脳炎ワクチン

日本脳炎ワクチン 2020.6

(医)かめおかクリニック http://www.kamecli.jp/ 亀岡明夫

2005年5月30日~2009年度にワクチン接種の積極的推奨の差し控えで日本脳炎ワクチンを受けなかった20歳未満の方も、定期予防接種の対象になっています(情報(4)参照)。

情報(1)日本脳炎ワクチンは必要?
○日本脳炎は日本脳炎ウイルスによる病気です。ウイルスは豚などの体内で増え、豚を刺した蚊(コガタアカイエカ)が人を刺して感染します。感染しても症状が出るのは100~1000人に1人ですが、脳炎になると2~4割が死亡し、後遺症が残る可能性もある恐ろしい病気です。
○日本脳炎の定期接種は、法律で子どもに接種させる努力義務が保護者にあります。しかし、平成16年女子中学生に副作用が報告され、翌年に厚労省が「ワクチン接種を積極的に勧めること」の中止を通知しました。そのため、標準的な接種が始まる3歳になっても通知が家庭に届けられず、事実上接種は保護者に任されることになりました。
○国立感染症研究所は「豚に日本脳炎ウイルスの感染が、依然少なくなっていない状況。接種率が減少しており、免疫を持たない子どもが蓄積していくと、発病者が出る恐れもある。」と警告していましたが、結局熊本で3歳の男の子が発病しました。
○結局、現在は接種を積極的に勧める方針に戻っています。
情報(2)生後6ヶ月以上7歳6ヶ月未満の方
○第1期の定期接種を行います。初回を2回、追加を1回の計3回です。
○標準の接種年齢は、1期初回は3歳、追加は4歳です。
○1期初回2回目は1回目から6日以上(標準は6~28日)あけます。追加は2回目から6か月以上(標準は1年)あけます。
 
情報(3)9歳以上13歳未満の方
○第2期の定期接種を行います。1回のみ接種になります。
○標準の接種年齢は、9歳です。
情報(4)1995年4月2日~2007年4月1日に生まれた20歳未満の方
○全く接種を受けていない方:
1回目の接種後6~28日あけて2回目の接種をし、その後6か月以上(普通は1年)あけて3回目の接種をします。4回目の接種(2期接種に相当)も、3回目の接種後6日以上あけて接種します。
○4回の接種が完了していない方(全く受けていない方を除く):
残りの予防接種をそれぞれ6日以上あけて接種します。
○2024年度までの間、その年度に18歳となる方に、年度ごとに第2期接種を積極的に勧めます。

ただし、3回接種後は最後の接種から5~10年毎に1回接種すると、脳炎の発症を予防できるレベルの抗体が維持される(つまり脳炎にかかりにくくなる)のでそれらを総合的に考えて判断します。
 
情報(5)2007年4月2日~2009年10月1日に生まれた方
○9~13歳未満の間に、第1期(3回)の不足分を定期接種として接種できます。
第2期との接種間隔は6日以上あけます。