大阪市鶴見区の小児科,皮膚科 医療法人 かめおかクリニック

〒538-0051 大阪府大阪市鶴見区諸口3丁目4番38号
TEL 06-6911-2585

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  かめくりトピックス

かめくりトピックス

かめくりトピックスNo.677 ~脂漏性湿疹~ 2021年10月28日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】湿疹のいろいろ~④ 脂漏性湿疹
○生後1ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの髪の毛(や眉毛)に、黄色っぽい湿疹ができ、かさぶたになります。これが脂漏性湿疹です。
○入浴時に洗髪後、髪の毛を乾かしてからオリーブオイル(処方します)を塗ります。翌日、洗髪時にオリーブオイルと一緒にこのかさぶたがとれます。
○決して無理に剥がさないで下さい。1週間も続けると綺麗になります。
 
【小児科】「手足口病」が流行しています。
○本来は、手のひらや足の裏に発疹ができ、口の中に口内炎が生じます。
○しかし、今流行している手足口病の多くは、発疹が手の甲から腕、足の甲から膝、おしり、おまたまで広汎に出現。その発疹も大小あります。
○病気の初めに高熱が出てヘルパンギーナと言われたり、水疱ができて水ぼうそうと間違って診断されることもあります。
○エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなど、原因ウイルスが数種類あるので、何度もかかるお子さんがおられます。
 
【ワクチン】11月2日(火)は臨時休診
○新型コロナウイルスワクチンの予約は終了しております。
○インフルエンザワクチンの在庫状況は、その都度アイチケットをご参照下さい。
○BCGは第4火曜日接種ですが、11月23日は祝日のため30日に変更します。
 

かめくりトピックスNo.676 ~あせも(汗疹)~ 2021年10月21日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】湿疹のいろいろ~③ あせも(汗疹)
○“あせも”は、夏の暑い日、汗をたくさんかいて汗腺がつまるとみられる湿疹。炎症をおこすと痒くなります。
○対策として、汗を吸いやすい木綿の下着を着せる、汗をかいたら清潔なタオルで拭きとる、風通しを良くして肌を乾燥させる、など。
○でき初めは抗炎症剤、時間が経つと軽いステロイドクリームが効きます。保湿剤は逆効果です。
 
【小児科】「熱性けいれん」の予防と対策 
○風邪などの発熱に伴って、突然全身をガクガクと震わせます。生後6ヶ月~5歳までのお子さんに見られます。脳波は正常です。
○ほとんどが5分以内に治まりますが、脳炎や髄膜炎など脳の病気の可能性もあるので、10~15分以上続くときは病院受診のこと。
○けいれんの予防目的に使用する座薬には、それを使う基準があります。副作用もあるので、主治医とよく相談して下さい。
 
【ワクチン】新型コロナの予約は終了しました。
○インフルエンザワクチンの接種が、在庫状況により変更になりますので、その都度当院のアイチケットをご参照下さい。
○BCGは第4火曜日に接種。10月は26日で、11月は30日に変更します。
 

かめくりトピックスNo.675 ~おむつかぶれ~ 2021年10月14日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】湿疹のいろいろ~② おむつかぶれ
○“おむつかぶれ”は、赤ちゃんに最もよく見られる皮膚の病気。うんちの処理が遅れるとおしりが真っ赤になります。
○予防はおしりを清潔に保つこと。スキンケアで治りが悪いと、場合によりステロイド剤を使う必要もあるので、一度受診をして下さい。
カンジダというカビの一種が感染している場合もあります。ステロイド剤を使っていても良くならない場合は検査をしましょう。
 
【小児科】言葉の遅れについて
○1歳半で単語がほとんど出なかったり、2歳で2語文にならない場合は、一応遅れの目安になります。
○しかし、他のお子さんと比べてしゃべるのがやや遅くても、親の言っていることが理解出来ていれば。後で追いつく可能性は大です。
○問題は、言葉が出てきたときに発音が不明瞭な「構音障害」と、将来学習障害や発達障害が明らかになってくる場合です。
 
【ワクチン】新型コロナ、インフル、BCGについて
○接種システムが状況により変更になる可能性がありますので、その都度当院のアイチケット(インフォメーション)をご参照下さい。
 

かめくりトピックスNo.674 ~乳児湿疹~ 2021年10月7日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】湿疹のいろいろ~①乳児湿疹(赤ちゃんの湿疹)
○乳児湿疹は、赤ちゃんの顔や身体にみられる湿疹の総称で、アトピー性皮膚炎の始まりも含まれます。
○スキンケアで効果があれば、生後3~4ヶ月になるとアトピー性皮膚炎以外の乳児湿疹は消えていきます。
○顔の湿疹は生後2~3週目から増加しますが、保湿剤または顔に塗れる弱いステロイド剤で様子を見ましょう。それでも改善しなければ受診して下さい。
 
【小児外科】包茎の状態とその治療について
○包茎とは、オチンチンの先端が包皮で覆われている状態。手で先端を露出できる場合を仮性包茎、露出できない場合を真性包茎といいます。
○最近は自然に剥けるようになる(3歳)まで放置したり、専門医による指導を受けたりして、以前のような手術を回避する傾向にあります。
○お子様が包茎かどうか、放置してよいものかどうか、心配な方は一度相談して下さい。場合によっては専門の小児外科を紹介します。
 
【ワクチン】新型コロナ、インフルエンザワクチンについて
○接種システムが状況により変更になる可能性がありますので、その都度当院のアイチケット(インフォメーション)をご参照下さい。
○なお、10月のBCGについては26日(火)を予定しております。
 

かめくりトピックスNo.673 ~マスク皮膚炎~ 2021年9月30日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】マスク皮膚炎のいろいろとその対策
○感染予防に効果があるため、外出時や室内でもマスクが欠かせません。ところが、マスクをすることによるマスク皮膚炎が増加しています。
○原因は、①バリア機能が低下し、化粧品等により接触皮膚炎を起こす。②汗による刺激でアトピー性皮膚炎が悪化する。③汗、皮脂、細菌により尋常性ざ瘡(ニキビ)が発症・悪化する。④若い人に多い脂漏性皮膚炎など。
○対策は、①マスク着用の際は化粧を薄めにする。②汗をかいたらタオルで拭くか、水で洗い流す。③使い捨てマスクは再使用しない、マスクをしない時間をつくる。④保湿剤、抗炎症剤、ステロイド剤、抗ヒスタミン剤で治療するなど。
 
【小児科】幼児期にみられる成長痛とその特徴
○幼児期、特に3~6歳に見られる手足の痛み。夜間,時に泣くほど痛がりますが、朝になると痛みは消失しケロッとしています。レントゲンでも異常はなく、成長とともに自然消失します。
○痛がる部位を優しくさするだけで痛みはほとんど収まります。それでも収まらず、歩き方や動かし方がおかしい場合は整形外科を受診してください。
 
【ワクチン】新型コロナワクチン接種予約について
○9月3日から当院で新型コロナワクチンの接種をしていますが、もうすぐ募集を終了します。
○詳しくはHPをご覧ください。 
 

かめくりトピックスNo.672 ~医療事務急募!~ 2021年9月16&23日(木)合併号

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】イボのいろいろ~③線維性軟疣(スキンタグ)
○このイボは、一種の老人性変化と考えられています。肥満した中年女性の腋窩(わき)や側頸部(首のよこ)に多く見られます。
○若い人でも、首にチェーンを巻いていたり、服の襟や袖が当たると、皮膚への刺激により出来ることがあります。
 
【小児科】夜尿症(おねしょ)のタイプと対策
○夜間だけでなく昼間にもおもらしがあると、膀胱や尿道に異常がある可能性がありますので、その場合には泌尿器科を受診しましょう。
○①水分をたくさん飲む? ②排尿は我慢出来る? ③おもらしは何時ごろ? ④朝の尿は多い? ⑤夜はぐっすり寝入る? 等をチェックしましょう。
○いきなり薬を使うのではなく、上手くいった時はしっかりほめましょう。「焦らず怒らず慌てずに」が夜尿症を治す鉄則です。
 
【ワクチン】12~15歳の「新型コロナワクチン」接種
○9月3日から(金)(土)に、当院に受診歴のある、(接種時点で)12~15歳のお子様に限り、新型コロナワクチン(ファイザー社製)の接種をしています。診察時間内に予約が必要です。
○それに伴い、一般診療や乳児健診、他のワクチンの受付時間帯に変更がありますので、ご注意下さい。詳しいことはHPをご覧ください。
 
【お知らせ】経験のある医療事務の方急募中!
 

かめくりトピックスNo.671 ~尋常性疣贅~ 2021年9月9日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】~イボのいろいろ②~いわゆるいぼ(尋常性疣贅)
○いぼ(尋常性疣贅)は手足にできる小さな盛り上がりで、特に手足の指の爪のまわりや足の裏にできやすく、中に芯があります。
○前々号で紹介したみずいぼ同様、ウイルスによる感染症の一種です。放置していると、なかなか治りません。
○一般的には液体窒素による凍結療法を行います。みずいぼと同じく、人により効果が違いますが、漢方薬の飲み薬もあります。
 
【小児歯科】歯並びが悪くなる「醜いアヒルの子」時期
乳歯から永久歯に生え変わる時期に、歯並びが悪くなる時期があります。お子様の上の前歯に隙間ができたり、歯がゆがんで生えたりして心配されます。
○アンデルセン童話にちなみ、「醜いアヒルの子」という時期だそうです。いずれ綺麗に歯が並びますが、極端な場合は歯列矯正をしてくださる歯医者さんにかかって下さい。
 
【ワクチン】新型コロナウイルスワクチン接種中
○9月3日から当院受診歴のある12~15歳の方にコロナワクチンを接種しています。それに伴い、受付時間の変更等しております。
○詳しくはHP内の「お知らせ」等をご参照下さい。現在、当院では念のため接種後1週間は激しい運動を控えることをお勧めしております。
 

かめくりトピックスNo.670 ~新型コロナウイルスワクチン~ 2021年9月2日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【お知らせ】明日新型コロナウイルスワクチン接種開始!
○すでにHPやアイチケットでお知らせしています通り、明日より新型コロナワクチンの接種を開始します。『当院受診歴があり1回目接種時点で12~15歳の方』に限り接種します(要予約)。接種前後および接種時の注意点は大阪市から配送された書類や当院HPをご参照ください。
○また、それに伴い下記のように受付時間を変更しています。
・金曜日の窓口受付は16:30(アイチケットは16時)まで。
・土曜日の窓口受付は10:30(アイチケットは10時)まで。
ご迷惑をおかけしますが、ご協力の程お願い致します。
 
【ワクチン】コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎
○コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎の事例が国内外で報告されており、主に30歳未満の男性です。
○コロナワクチンは新しいタイプのワクチンのため、はっきりしていない部分もあります。シンガポールでは接種後2週間は激しい運動を控えるよう言われており、当院では接種後1週間は激しい運動を控えることをお勧めします。ここでの『激しい運動』とは、ランニングを含めた持久系スポーツ・筋トレ・球技等を指します。9月2日現在、そもそも部活動は原則中止されていますが、自主練等にもお気をつけください。
○厚労省ではワクチン接種後4日程度の間に胸痛や息切れが出現した場合、医療機関を受診するよう勧めています。当院でも、ご相談をお受けしますが、超音波装置がありません。しっかり調べるためには心臓超音波検査ができる医療機関の受診をお勧めします。
 

かめくりトピックスNo.669 ~コロナワクチン~ 2021年8月26日(木)

(医)かめおかクリニック https://www.kamecli.jp/

【皮膚科】イボのいろいろ~①みずいぼ(伝染性軟属腫)
○みずいぼは、表面がすこし光ったように見える小さなかたまり。高さも直径も約1~3mmで、よく見ると中に白い芯を含みます。
ウイルスによる感染症の一種なので、プールに入るにあたって、スイミングスクールや保育園などから摘るように言われます。当院では急ぐときは、麻酔テープを貼って痛くないようにして摘ります。
○プールに入るまでに時間的余裕があるなら、(効果がある人と無い人がいますが)漢方薬の飲み薬もためす価値がありそうです。美味しい錠剤(5歳から可)なのか、飲んだお子さんがもっと欲しがります。小さいお子さんには粉薬もあります。
 
【小児科】授乳中に薬を飲むと赤ちゃんは大丈夫?
○授乳中のお母さんが飲んだ薬や、コーヒー、アルコールなどは、ほぼ例外なく母乳の中に出てきます。問題は、どれぐらいの量が母乳に出てくるかです。
日本の薬の添付文書のほとんどには、「授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせること。動物実験で乳汁中へ移行することが報告されている。」と書かれています。でも、「乳汁中へ移行する」って当然ですね。
○しかし、アメリカの膨大な文献からの資料によると、ちゃんと「安全」と書かれている薬が多いようです。処方される時に医師に確かめましょう
 
【ワクチン】新型コロナウイルスワクチン接種開始します
○ワクチン接種の対象者が12歳以上となったので、9月から当院受診歴のある12~15歳の方に限り接種します。
○予約が必要ですが、詳しいことはHPやアイチケットで順次お知らせします。
なお、ワクチンの不足等の事情で、予定が変更になりうることをご了承下さい。その場合も、HPやアイチケットでお知らせ致します。