大阪市鶴見区の小児科,皮膚科 医療法人 かめおかクリニック

〒538-0051 大阪府大阪市鶴見区諸口3丁目4番38号
TEL 06-6911-2585

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  ロタウィルスワクチン

ロタウィルスワクチン

ロタウィルスワクチン   2020.10

(医)かめおかクリニック http://www.kamecli.jp/ 亀岡明夫

情報(1)10月1日(木)より定期接種化(公費負担=無料)
○ロタウイルス感染症は「乳幼児嘔吐下痢症」として知られる急性胃腸炎で、初めての感染時は重症化しやすいです。非常に感染力が強く、5歳までにほとんどの子が感染します。
○自治体ごとに助成の有無が異なっていましたが、2020年10月1日より定期接種化しました。対象は2020年8月生まれ以降の乳児です。
○定期接種以外の場合、当院ではロタリックスは1回15,000円、2回で計30,000円です。ロタテックを希望される方は1回10,000円、3回で計30,000円となりますが予約が必要です(※料金はすべて税込です)。
 
情報(2)ロタリックス(1価)とロタテック(5価)の違いは何ですか?
○ロタリックスがヒトロタウイルス由来の1価のワクチンで、ロタテックがウシロタウイルス由来の5価ワクチンです。5価の方が優れているとも言えず、効果の方はあまり差がありません。むしろ1価ワクチンの方がヒトワクチン由来ですので、予防効果がやや高いという報告もあります。
ロタテックは接種回数が多く3回通わないといけません。しかし最後は32週までとなっているので、時間的な余裕ができ、ワクチンのスケジュールは組みやすいかもしれません。
○総合的に鑑みて、当院では基本的にロタリックスの投与をしています。何らかの事情でロタテックを接種したい方(例えば他院での1回目がロタテックであった場合等)は事前に問い合わせていただければ、メーカーより取り寄せいたします。
情報(3)なぜワクチンの接種期間が短いのですか?
○接種期間は4週間以上あけて、生後6週0日からロタリックスは24週0日までに2回、ロタテックは32週0日までに3回接種と設定されています。この期間は推奨期間ではなく厳守期間です。
○ワクチン接種が遅いほど腸重積が発症しやすくなります。腸重積のリスクが高まる月齢までに接種を完了させるため、期間が決まっています。
○日本小児科学会は初回を生後14週6日までに受けることを推奨しています。
体調不良等で2回目の接種が受けられずに24週(または32週)1日を迎えた場合、初回接種のみで終了となります。希望されても24週(同上)0日を超えると接種出来ません。
情報(4)ロタウイルスは他のワクチンと同時接種出来る?
○予防接種のスケジュール上、ロタウイルスを接種するなら、むしろ他のワクチンと同時接種しないと予定を組むのが困難です
○ワクチンは生ワクチンで口から飲ませます。まず、ロタウイルスワクチンを飲んで頂き、10分後に他のワクチンの注射をします。そのため吐く可能性はありますが、少しでも飲めていれば効果はあります。吐きにくくするためにも、最低前後30分は哺乳をさけてもらうことをお勧めします。