大阪市鶴見区の小児科,皮膚科 医療法人 かめおかクリニック

〒538-0051 大阪府大阪市鶴見区諸口3丁目4番38号
TEL 06-6911-2585

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  お知らせ

お知らせ

5/28(土)について

 5/28(土)は新型コロナワクチン接種のため、通常の診察受付時間を10:30までとします。

6/3(金)午後について

 6/3(金)午後は新型コロナワクチン接種のため、診察も処方もいたしません。

医療事務(正社員)募集中

 医療事務に欠員が生じているため、一名経験者を募集します。ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さい。

12歳以上の新型コロナワクチン3回目接種(予約制にご注意ください)   2022.4.25

※小児(5~11歳)用は、下のお知らせ『小児(5~11歳)用新型コロナワクチン接種』をお読みください。

 12~17歳の新型コロナワクチン3回目接種が日本で承認されました。当院では5/28(土)午前に接種を行います。
 対象は『当院で1-2回目を接種された方のみ』です。
 1-2回目と異なり、電話ではなくアイチケットの「12歳以上用コロナワクチン接種(3回目のみ)」の予約ページで予約してから来院ください。アプリもございます。予約されずに来院されても接種できませんので、ご注意ください。
 予約システムの詳細はアイチケット『12歳以上用コロナワクチン接種(3回目のみ)』「12歳以上用コロナワクチン接種(3回目のみ)の予約方法と注意点」をご覧ください。
 アプリやブラウザでの操作方法については、画面右上「メニュー」の「よくある質問」や「お問い合わせ」をご利用下さい。

 なお、接種券は2回目から6ヶ月以上たった方から発送されるようです。当院での2回目接種は2021年11月13日が最後ですが、大阪市HPによると遅くとも5/24までにはお手元に届くようです。
 接種券到着前に予約されても構いませんが、接種当日には接種券が必要です。

 変更ある場合はアイチケットでお知らせします。

 

小児(5~11歳)用新型コロナワクチン(予約制)    2022.5.13

 当院でも小児用新型コロナワクチンを接種しています。オミクロン株に対しての有効性も分かってきています。詳しくは厚労省や小児科学会の該当ページや下記を読んで下さい。

・当院の接種対象を『受診歴がある方のみ』としていましたが、受診されたことがない方でも構いません。
アイチケットの「小児(5~11歳用)コロナワクチン」の予約ページで予約してから来院ください。アプリもございます。予約されずに来院されても接種できません。
5/13(金)午後に行います。2回目は6/3(金)午後です。
・予約システムの詳細はアイチケット『小児(5~11歳用)コロナワクチン』「小児(5~11歳)用コロナワクチンの予約方法と注意点」をご覧ください。
・アプリやブラウザでの操作方法については、画面右上「メニュー」の「よくある質問」や「お問い合わせ」をご利用下さい。

変更ある場合はアイチケットでお知らせします。

<副反応>
薬による体に起こる良くないことなどを副作用と言いますが、ワクチンの場合それを『副反応』と言います。小児用ワクチンによる副反応は成分量が成人の1/3の影響か、比較的少ないです。発熱は10%前後の報告が多く、これは60-70歳台と同程度です。(成人用は基本的に若いほど副反応が起こりやすいです。)ほかの副反応も同様です(※1)。また、安全性に重大な懸念は認められていないとされています。
<5~11歳用の効果>
デルタ株までの発症予防効果は90.7%と報告されています。
オミクロン株については、3月11日にアメリカのCDCが感染リスクを31%下げると報告しています。(※2)
3月30日に入院予防効果が68%であったという論文も発表されています。(※3)
現時点ではインフルエンザワクチンよりも効果が高い印象です。
<打った方がいいのか>
特に基礎疾患があるなど、重症化するリスクの高い小児では重症化を防ぐ効果が期待されています。日本小児科学会は、健康な子供にも『意義がある』と述べています。また、日本小児科学会は、ワクチン接種にあたり考慮すべき基礎疾患のリストも公開しています。(例:難治性喘息・マスク着用困難な神経発達症など)
<小児、特にオミクロン株は重症化しづらいのでは?>
オミクロン株は従来までの株と違い、重症化しづらいようです。ただ、オミクロン株は小児の割合が高く、感染者数もかなり多いです。また、日本でも10歳未満のコロナ陽性者の重症者、そして死者が散見されるようになってきました。BA.2も流行の兆しを見せており、今後も予断を許さない状況です。厚生労働省は『今後様々な変異株が流行することも想定』しています。

(参考資料)
厚生労働省・新型コロナワクチンQ&A
5~11歳小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方(日本小児科学会)
※1:Hause AM, et al.:COVID-19 Vaccine Safety in Children Aged 5–11 Years — United States, November 3–December 19, 2021. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2021 Dec 31;70(5152):1755-1760.
※2:Fowlkes AL, et al.:Effectiveness of 2-Dose BNT162b2 (Pfizer BioNTech) mRNA Vaccine in Preventing SARS-CoV-2 Infection Among Children Aged 5–11 Years and Adolescents Aged 12–15 Years — PROTECT Cohort, July 2021–February 2022. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. ePub: 11 March 2022.
※3:Ashley M, et al.:BNT162b2 Protection against the Omicron Variant in Children and Adolescents, March 30, 2022. NEJM.org.
 

日本脳炎ワクチンの優先接種について    2022.3.19

 日本脳炎ワクチンの接種を制限しています。製造過程の問題で製造が一時停止していました。十分な供給がされるのは2022年秋以降の見込みです。

 ただ、少しずつ供給されるようになってきたため、当院では『受診歴がある1期の1回目と2回目の方』に優先接種します。1期の3回目と2期の方及び一部の特例対象者は、一時的に接種を控えてくださるようお願いします。

 ただし、定期接種の年齢上限が近づいている方は上限までに接種してください。1期は7歳半、2期は13歳、特例対象者は20歳未満まで、が定期接種の年齢上限です。
 ご理解ご協力の程宜しくお願い
します。在庫の有無はアイチケットもご確認ください。
 

子宮頸がんワクチンのキャッチアップについて   2022.3.10

  子宮頸がんワクチンの接種を逃した1997年度~2005年度生まれの女性が、2022年4月から3年間無料で接種が出来ることになりました。ただし、2価もしくは4価に限ります。
 9価に関しては自費(30,000円×3回)になりますが、当院でも受け付けております。男性の4価ワクチンも自費(16,000円×3回)ですが行っておりますので、気になる方はご相談ください。
 また、当院では行っておりませんが、20歳以上の方は子宮頚がん検診も並行して受けるようにしてください。
 

発熱(24時間以内に37.5℃以上があった)のために受診を希望される方へ

 当院では管理困難なため、新型コロナウイルス(以下コロナと記載)の検査を行っておりません。また、インフルエンザ・RS・ヒトメタニューモウイルスなどの鼻の粘膜で行うウイルス検査も飛沫感染の可能性を考え、行っておりません。
 さらに、発熱(24時間以内に37.5℃以上があった)の方のうち、『小学生以上の方』『7日以内に登園している幼稚園や保育園でコロナ感染が発生している方』は対応致しかねます。
 上記に該当する発熱の方や、コロナやインフルエンザ等の検査を希望される方は、保健福祉センターや発熱外来をおこなっている医療機関への相談をお願いします。
 
 普段受診して頂いている方にもご不便をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

当院でのBCG予防接種の予約停止     2022.2.10

 大阪市ではBCG予防接種を保健福祉センターにて集団接種で行っていますが、昨年から当院でも接種しています。
 ただ、4月から原価が上昇する影響か入荷が困難になっています。そのため当院での予約を停止させて頂きます。入荷の見込みがたちましたら再開する予定ですが、それまでは保健福祉センター等での接種をお願いします。お手数をおかけしますが、宜しくお願いします。
 なお、すでに予約済みの方の分は確保していますので、下記の注意点に気をつけてお越しください。
 
<接種時の注意点>
・母子手帳・予防接種手帳・保険証(あればお薬手帳も)をお持ちください。
・また、何らかの持病(特に皮膚の病気)のある方は、BCGを受けてよいか、かかりつけ医に尋ねておいてください。
・接種当日に二の腕に軟膏や保湿剤を塗らないでください。
・過去に結核に感染している可能性のある方は、保健福祉センターにお尋ねください。

 保健福祉センターでの集団接種は大阪市HP(https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000430668.html)をご覧ください。
 

当院では様々な新型コロナウイルス対策を行っています

 当院は新型コロナ対策として、スタッフのマスク及び防護眼鏡着用・手指消毒、定期的なドアノブ等の消毒や窓の開放、ビニールカーテンの設置など行っていますが、患者様にもご協力をお願いしています。

①出来るだけアイチケットを利用して、すいた時間にお越し頂く。(特に予防接種や乳児検診の方)
②受付で順番待ちの方は床のビニールテープに従って並んで頂く。患者様同士の距離を開ける、順番まで時間があれば(階段・車中も含む)外で待機いただく。
③来院前後に階段上で手指消毒を確実に行って頂く。
雑誌や絵本を撤去しましたので、待ち時間用に持参いただく。
⑤洗面所の蛇口を自動水栓に変更し、ハンドソープディスペンサー(手をかざすと自動で石けんが出る)・紙タオル(使用後はごみ箱にお捨て下さい)の設置。
⑥トイレを洋式にし、センサーで自動でふたが開閉するよう変更。
⑦診察終了時のタッチは避け、エアータッチとさせていただく。

 以上ご協力よろしくお願いします。
 

大阪市令和4年度ぜん息のお子さま向けの事業案内

 参加費無料!(要申込):体験や学習をとおして、お子さまのぜん息について一緒に学びませんか?

 ①ぜん息児水泳教室:事前勉強会(1回)6/27(月)午後&水泳実習(10回)7/4~9/12毎週(月)午後※祝日除く
 ②子どものぜん息とアレルギー講演会:1回目11/5(土)午後&2回目11/19(土)午後
 ③ぜん息児童の親子ハイキング(野外教室):10/29(土)
 ④乳幼児アトピー・ぜん息相談:5/13(金)・7/14(木)・9/7(水)・11/18(金)・令和5年1月12日(木)・3/7(火)

 以上の申込み・問合せは大阪市保健所管理課保健事業グループ06-6647-0648まで。
 また、保健師・栄養士がお受けする乳幼児アレルギー電話相談は06-6647-0784まで。
 さらに、専門医・看護師が対応するぜん息電話相談室はフリーダイヤル0120-598-014 まで。
 詳しく知りたい方は大阪市ホームページ(https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000209275.html)をご参照ください。
 当院にはチラシを置いてあります。
 

各種ワクチンについて

 左のメニュー一覧よりご覧下さい。
 在庫に関しては、アイチケットにてお確かめ下さい。
 

診療に関するご質問について

 『お問い合わせ』をご利用ください。
 

自転車でご来院の方へ

 駐輪場が無く、ご迷惑をおかけしております。
 当院でも定期的に整理しておりますが、歩道を通行する方の邪魔にならない様どうかご協力の程よろしくお願い致します。