医療法人 かめおかクリニック

大阪市鶴見区の小児科,皮膚科 医療法人 かめおかクリニック

〒538-0051 大阪府大阪市鶴見区諸口3丁目4番38号
TEL 06-6911-2585

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

トップページ»  スギ花粉症に対する舌下免疫療法Q&A

スギ花粉症に対する舌下免疫療法Q&A

スギ花粉症に対する舌下免疫療法Q&A

(医)かめおかクリニック http://www.kamecli.jp/ 亀岡明夫

①:どのような患者さんが適応になりますか?
舌下免疫療法に向いている人は、下の項目の4個以上があてはまる人。
・屋外で症状が出やすい。
・鼻だけでなく目にも症状がある。
・マスクや眼鏡を使うと症状が軽減する。
・1日30回ぐらい鼻をかむ。
・家の中では症状は少ない。
・症状が出るのは殆んど2~5月。
②:高齢者、小児、妊婦は対象になりますか?
○高齢者については、治療対象になります。スギ花粉症の確定診断を行った上で、他の疾患などに問題が無ければ、施行して良いと考えます。
○小児については、現在国内における保険適応は、12歳以上となっています。また、中学生ぐらいまでは、薬剤の管理などにご家族のサポートが必要です。
○妊婦については、新規の投与開始は控えます。治療中に妊娠が判明した場合は、患者さんとも相談の上、慎重に検討します。授乳中の婦人も投与しないことが望ましいです。
③:どんなことに注意すればいいのでしょうか?
○投与を始める前に、特異的IgE抗体検査などを行い、スギ花粉症の確定診断が必要。
スギ花粉飛散時期は新たに投与を開始しない。アレルゲンに対する過敏性が高いから。
○初回投与時は医師の監督の下、投与後少なくとも30分間は安静を保ち、十分な観察。
服用する前後の2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴等を避けること。
○アナフィラキシーを発現した場合を考慮し、家族の居る場所や日中の服用が望ましい。
すべての患者さんに効果が期待できるわけではなく、アレルギー反応が起こる恐れも。
④:どんな時に医師に相談すればいいのでしょうか?
○投与後、顔面腫脹、咽頭刺激感、口腔浮腫、発声障害、蕁麻疹などが認められた場合。
○喘息発作時、急性感染症罹患時や体調の悪い場合。副作用発現の恐れがあります。
○投与開始初期(およそ1ヶ月)、特に維持期開始初期に口腔内の腫脹が発現した場合。
○抜歯後等口腔内の術後、または、口腔内に傷や炎症等がある場合。吸収に影響も。
⑤:舌下免疫療法薬取扱い上の注意とは?
○本剤を舌の下に滴下し、2分間保持後内服。その後5分間はうがい・飲食を控えます。
○本剤は冷所(2~8℃)に保管すること。
増量期は容器に付属のディスペンサーを装着し、ポンププッシュし必要量を舌下に滴下。
維持期は、服用時にアルミラミネート容器を開封し、全量(1ml)を舌下に滴下すること。